米国マーケット情報(現地12月20日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地12月20日)

・前日の流れを引き継ぐ
・製造業の景況感が悪化
・政府閉鎖への懸念が高まる

20日の米国株式は大きく下落しました。NYダウは前日比▲1.99%、ナスダック100は前日比▲1.57%、FANG+指数は前日比▲3.42%となりました。前日のFOMC(米国連邦公開市場委員会)後に下落した流れを引き継ぐ相場展開となりました。また、12月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数が市場予想を大きく下回ったことが投資家心理を冷やしたほか、トランプ大統領が来年2月までの暫定予算案に署名しない意向を示したことで政府閉鎖への懸念も高まりました。NYダウは一時前日比700米ドル近く下落する場面も見られました。ただ、足元の大幅下落によって売られ過ぎ感も意識され、引けにかけては下げ幅を縮小する動きとなりました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着