米国マーケット情報(現地12月14日)

マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地12月14日)

・世界経済の減速懸念で大幅下落
・中国及び欧州で弱い統計発表
・米国の小売は底堅く推移

14日の米国株式は大きく下落しました。NYダウは前日比▲2.02%、ナスダック100は前日比▲2.56%、FANG+指数は前日比▲2.02%となりました。中国や欧州で発表された経済統計に弱さが見られたことで、世界経済に対する減速懸念が高まったことが下落の原因です。具体的には中国の小売売上高(11月)や鉱工業生産(11月)の前年同月比が事前の市場予想を下回り、伸び率も前月から低下しました。また、欧州では購買担当者に対するアンケート調査で景況感を測るPMI(ユーロ圏)の12月速報値が前月から低下しました。米国の小売売上高(11月)は底堅い内容であったものの、中国、欧州の弱い経済統計を受け、世界景気への懸念が高まり米国株式市場は大きく下落しました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着