マーケット

米国マーケット情報

米国マーケット情報(現地12月11日)

・大幅上昇で始まるも買い続かず
・IT(情報技術)関連株はしっかり

11日の米国株式はまちまちとなりました。NYダウは前日比▲0.22%、ナスダック100は前日比+0.32%、FANG+指数は前日比+0.14%となりました。中国が米国製自動車の関税引き下げを検討しているとの報道や、トランプ大統領が中国とは建設的な対話が続いているとし、重要な発表があることを示唆したことから米中貿易摩擦懸念が後退し、大幅上昇で取引が始まりました。しかしその後は買いが続かず、徐々に上昇幅が小さくなる中、昼頃にトランプ大統領が民主党との議論でメキシコ国境の壁の建設予算が認められなければ政府機関閉鎖もあり得るとの姿勢を示すと、主要株価指数は前日比でマイナスとなりました。引けにかけては、上昇する局面もみられましたが上値の重いまま取引を終えました。

あわせて読みたい

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。

北村ヂン

イラストレーター

北村ヂン

1975年群馬県出身。イラストレーター。 器用貧乏がゆえにイラストから漫画、テキスト原稿、動画制作、イベント制作まで請け負い、ひとり制作会社状態となっている。要は何の仕事をしているのか、人に説明するのが難しいのが悩み。

あなたにおすすめの記事

新着